歯磨き情報館 >> 歯磨き情報 >> 歯磨きの仕方 ペット

歯磨きの仕方 ペット

歯磨きの仕方 ペット

ここでは、ペットの歯のお手入れの仕方について、記事を書きたいと思います。

獣医では歯石を取るのに、ペットに麻酔をかけるケースもあるようです。

犬にも財布にも負担がかかりますので、一週間に一度くらいの頻度で歯磨きしてあげてくださいね。

歯の管理は、ホームでのケアが重要なのです。

歯の手入れを一生懸命することで、口の中を見ることが多くなり、『あれ?以前からこんなだったっけ?』と、異常に気付きやすくなるからです。

可愛いペットのためにも歯磨きの仕方を覚えましょう。

指歯ブラシを人差し指にはめて反対側の手でワンコの頭を動かないように押さえながら、親指で唇をめくりあげて、歯が見えるように持ちます。

歯と歯茎をやさしくマッサージするように、こするだけです。まずは、前歯の外側だけからはじめましょう。

一匹目に飼ったペットは、固形のドッグフードやクッキーを、口に入れてから「カリカリ」と音をたててから飲み込んでいました。

歯磨きの仕方を教えましょう。二匹目のペットはほとんど噛んでる音が聞こえません。早期検査・治療により歯の病気を防ぎ、犬の健康を維持することができるのです。

ペットの歯磨きの仕方や慣らせ方ですが、まず、マズルをつかんで口を閉じて、そのままの状態でいることになれさせることです。

次に、静かに口唇をめくりあげて歯を調べます。

口唇をめくることに対して慣れさせ、口の周り触らせたり、歯を見せることに抵抗がなくなったら歯磨きを開始してください。

口の中を清潔に保つには、家庭での歯磨きがとっても大切です。

指歯ブラシに慣れたら本格的に歯ブラシを使ってみがきましょう。犬などのペットは肉を良く食べるのです。

ペットの歯磨きの仕方には、子供用のハブラシを使う方法と、歯磨き用のガーゼを使う方法があるのです。

ペットは嗅覚が優れているので、香りや刺激が強い歯磨き粉を嫌うのです。

家庭で使っているものがこのタイプであれば、歯磨き粉をつけないでもいいでしょう。

歯垢の除去には、おもちゃを使うこともあります。

しかし、歯の磨滅や歯肉の損傷などの危険がないわけではないので、もっとも安全で効果のある方法は歯磨きをすることになります。

さあ、頑張って歯磨きの仕方をしこみましょう。

歯磨き情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |岡山 インプラント |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |入れ歯 |歯科 岡山 |インプラント 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |矯正 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |予防歯科 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |歯槽膿漏・歯周病 治療