歯磨き情報館 >> 歯磨き情報 >> 歯周病予防と歯磨き

歯周病予防と歯磨き

歯周病予防と歯磨き

歯の病気と言えば、歯周病が有名ではないでしょうか。その歯周病の予防は歯磨きでできるのです。

その歯周病予防と歯磨きを中心に述べていきたいと思います。

患者の自覚や努力が大事なんですが、歯磨きがきちんと出来ていなかったこと以外にも、歯周病になってしまう、または、歯周病になりやすいケースがあるんです。

まず、1つ目に◇糖尿病の人は要注意です。糖尿病は免疫系の機能障害を起こしたり、抹消の血流を悪くするために歯周病を併発しやすいのです。

タバコを吸う人は歯周病の進みが早いく治療が治りにくい傾向にあります。

若い時期から歯周病と歯磨きには深い関係がありました。歯が黒くなります。

そして、歯肉の色が悪くなり、自覚症状が出にくいのです。

汚れが付きやすくなります。血液疾患では、血流などの障害により免疫力の低下などが起こり、細菌が原因ですので、歯周病になりやすいといえます。

最後に妊娠時の人ですが、妊娠が直接の原因にはならないが、妊娠中はホルモンの変化など、体調も変化しやすく、そのため二次的に歯周病になりやすいので注意が必要です。

さて、それが原因で起こる歯周病予防と歯磨きですが、歯医者で歯石を取り除いてもらったりするなど、定期的な検査がお勧めです。

自分の歯磨きの仕方をもう一度、最初からから見直し、効果的な歯磨きを心掛けるようにしましょう。効果的な歯磨きとは一体、どんな方法なのでしょうか。

歯を磨くケアと歯ぐきへのケアで、そのためには糸楊子や薬用デンタルリンス、そしてプラークを浮き彫りにする染め上げ用の錠剤など、歯磨き粉以外の道具も使用するなど工夫しましょう。

最近の研究では、胎児にも影響を及ぼすことが分かってきているので、さらなる注意が必要になります。

また歯茎にもブラシが当たることにより、血行が良くなり、新鮮な血液が歯茎にうまく供給されるようになります。

歯周病で起こる歯ぐきの炎症を抑えるには、リンパ液の良い循環が必要なのです。覚えておきましょう。

そして、自分の歯に合ったブラシを選ぶことや、鏡を見て的確にブラシを当てる努力をするなど、毎日の積み重ねが必要になります。

歯周病予防と歯磨きについて理解できたでしょうか。

歯磨き情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |岡山 インプラント |インプラント 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |歯科 岡山 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |予防歯科 |矯正 岡山 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |入れ歯 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス