歯磨き情報館 >> 歯磨き情報 >> 歯の磨き方

歯の磨き方

歯の磨き方

ここでは、歯の磨き方を中心でレポートしていきます。まず、ブラッシングの種類が気になるところではないでしょうか。

歯ブラシの動かし方により、様々な磨き方の方法があるそうですので、幾つかご紹介していきます。

まず、最初にスクラッビング法を伝授したしましょう。方法は歯ブラシを軽く歯に当てて、細かく振動させることによって、歯の隙間の汚れを落とす磨き方なのです。

歯ブラシが硬いと歯茎の痩せる原因になる。歯の隙間に歯ブラシの繊維が届かない場合は、歯間ブラシやデンタルフロスと併用しましょう。

続いての歯の磨きの方法はバス法です。 歯と歯茎の境界部分に斜め、具体的には約45度の角度に歯ブラシを当てて、左右に振動させる磨き方です。

歯茎(歯肉)のマッサージ効果が高いのが特徴です。指3本ほどで歯ブラシを持ち力をいれずに軽く左右させることが望ましいです。

歯ブラシを握り締めて強く左右させると逆に歯肉を削ってしまうので、注意が必要です。

最近では一般的な歯科治療においても、予防法や前処置としてブラッシング指導が盛んに行われ、コマーシャルの影響もあってか熱心に歯磨きをしている人がずいぶん増えてきました。

ローリング法 では、歯ブラシを歯茎から歯に向かって回転させるように動かす歯の磨き方です。

従来はTVのコマーシャルでもよく目にしたが、虫歯予防には適さないないことが明らかになったため、最近はあまり推奨されていません。

最近では電動式の歯ブラシも市販され、超音波で歯を磨く機能を持つ製品もあります。

いろいろなブラッッシングの方法がありますが、私は「スクラッビング法」をお勧めします。

なぜなら、習得しやすく応用がききやすく、歯と歯肉の間が綺麗になるからです。

しかし、今日までは、「いかに磨いてもらうか」を目的としていたため、「正しいブラッシングの方法」 と言うことや、「なぜ歯ブラシが必要なのか」について的確な指導までなされずに、磨きすぎなどの歯の磨き方の副作用とも言うべき問題が生じるようになってきました。

この時、歯ブラシを少し歯に押しつけるようにし軽くシャカシャカいわせます。

1か所20〜30回動かしたら、歯ブラシを歯1本分だけ移動して同じようにシャカシャカします。

そしてまた歯ブラシを歯1本分だけ移動して、歯並びの端から端まで順序よく磨くようにしましょう。

歯磨き情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |インプラント 岡山 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |矯正 岡山 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |予防歯科 |岡山 インプラント |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |入れ歯 |歯槽膿漏 歯周病 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |歯科 岡山