歯磨き情報館 >> 歯磨き情報 >> 歯磨きの仕方 赤ちゃん

歯磨きの仕方 赤ちゃん

歯磨きの仕方 赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんには、まだ歯が生えていませんので、歯磨きの仕方は関係ないのです。

最初に生えてくるのは下の前歯でおおむね生後6ヶ月後に生え始めるのです。

赤ちゃんに楽しく歯磨きさせるためにおすすめしたいのは、「歯磨きを家族で楽しむ時間にする」こと。

ごはんの後ゆっくりしている時やお風呂の時間など、毎日の生活のなかで、子どもがリラックスできる時間に歯磨きの仕方を教えましょう。

子供が自分でやりたがったら、赤ちゃん用の歯ブラシを持たせてあげてるといいでしょう。

この時、もう1本、ママ用に歯ブラシを用意しておくと良いです。

音楽をかけたりといった、雰囲気作りをしてみてもよいでしょう。

毎日が難しければ、週に1回でも赤ちゃんの歯磨きはよいのです。

家族そろっての「歯磨きの日」を作って、カレンダーにシールなど貼っておくのもよい方法です。

赤ちゃんのお口の中には、もともと虫歯や歯周病の原因菌は存在しないのです。最初は親からの唾液を介しての感染なのです。

本格的に歯を磨いてあげるのは、前歯が生えそろって奥歯も生えてきてからです。

また赤ちゃんが自分で歯ブラシをもって磨いても、たいていは歯ブラシを噛んでいるということが多いのです。

たとえば、赤ちゃんへの食べ物の口移しのほかに、可愛さゆえに「ちゅっちゅっ」したりはいけません。

お母さんが味見をしたスプーンで直接食べ物を、赤ちゃんのお口に運んだりしても感染すると言われています。

すると、赤ちゃんに歯磨きの仕方を教えなければなりません。親が自分の歯を大事に磨いて見せてあげましょう。

そして、仕上げ磨きを子どもにしてもらいましょう。

赤ちゃんの時の前歯だけの状態の時は、寝る直前や夜中の授乳に気をつけて、歯を拭いてあげるだけです。

お母さんのお口の中の「細菌層」が赤ちゃんのお口の中の細菌層の形成につながるのです。

「磨かされている」「磨かれている」という受身ばかりでは、赤ちゃんも自尊心が傷つくもの。

磨きっこなら、「今度は赤ちゃんの番だよ〜」と、ゲーム感覚で楽しくやりましょう。

子育て中のママには大変な事ってたくさんあると思います。

赤ちゃんの歯磨きの方法です。子供の歯磨きもその中の1つかと思います。

赤ちゃんの歯磨きは、歯が生えはじめたころから開始なのです。

まず最初は清潔なガーゼでふいてあげることからはじめましょう。4〜8本ほど生えそろってきたら、歯ブラシの始動です。

歯磨き情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|予防歯科 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |岡山 インプラント |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |矯正 岡山 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |入れ歯 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |歯槽膿漏・歯周病 治療 |歯科 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |インプラント 岡山