歯磨き情報館 >> 歯磨き情報 >> 歯磨きの習慣

歯磨きの習慣

歯磨きの習慣

すべての歯が生えそろっている場合ですと歯磨きには時間的に7〜8分かかるはずですよ。そのくらいかけて歯磨きする習慣をつけましょう。

学校などで指導されている毎食後歯磨きをするという方法とは違います。食事の後に歯を磨くのではないのです。

菌の増殖を止めるために歯磨きをするのです。ですから、朝起きたら直ぐに歯磨きをするのです。

歯磨きらしくできるようになたら、少しずつ正しい磨き方を教えてあげましょう。

歯医者さんで磨き方を教えてもうらのも良いです。

歯の汚れを落とすことよりも、子どもが歯磨きに慣れることを大切にしましょう。

また、夜寝る前も食後直ぐに磨くのではないのです。寝る前に口の中の菌を洗い流す為に行うようにするのです。

歯ブラシは個人に合ったものを使用することが基本となります。大きさ・形・硬さなど主治医や歯科衛生士さんに相談しましょう。

「このタイプがお勧めです」と選んでくれるでしょう。恥ずかしがらずに相談しましょう。

歯磨きは重要な習慣なのです。自然の力で菌を洗い流す力があるにも関わらず、歯磨きにより人工的に洗い流してしまう方法は適切ではないのです。

歯の磨き方はこれまでにたくさんの研究者らによっていくつもの方法が提唱されました。細菌が増殖する時に歯磨きをするのが正解なのです。

これから増殖する菌を更に増やさない為に寝る前に歯磨きを行います。寝ている時に増殖した菌を取り除く為に朝起きたら、また歯磨きを行いましょう。

それが歯磨きの習慣です。小学校の低学年は、磨き残しがあったりと上手に磨けないようで、まだ大人のチェックが必要なのです。

大きくなっていくうちに、確認の回数を毎日から少しずつ減らしましょう。一人でできるようにしていきましょう。無理やり歯磨きをしようとすると歯磨きが嫌いになります。

どのような磨き方であれ、きれいになればよいのです。たくさんある磨き方の中でも特に有名で現在最も支持されているのは次の方法です。

スクラビング法と呼ばれる方法なのです。歯磨きは食べかすを取り除く為に行うと考えられています。

しかし、実は歯垢などに含まれている菌の繁殖を唾液により抑える事の法が重要となっています。

むし歯の予防には、歯磨き、食生活の見直し、歯の質を強くするフッ素、シーラントをすることが効果があるのです。

歯磨きの習慣で虫歯をやっつけましょう。歯磨きは虫歯の原因となる虫歯菌であるミュータンス菌、歯についている食べかすや歯垢などの汚れを落とすことで、虫歯を予防します。

歯磨き情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |入れ歯 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |インプラント 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |矯正 岡山 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |歯科 岡山 |予防歯科 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |岡山 インプラント |

カテゴリー

記事一覧

当サイトについて