歯磨き情報館 >> 歯磨き情報 >> 口臭予防と歯磨き

口臭予防と歯磨き

口臭予防と歯磨き

他人の口臭が気になったときに「私も口臭で人に不快感を与えていないかしら?」と思った経験ありませんか?

それなら、歯磨きで口臭予防しましょう。口臭が周囲の人を不快な思いをさせることはよくあるのです。

口臭の原因は、口臭の種類によって様々ですが、約80%がお口の中が原因なのです。その局所的な原因として以下の因子が挙げられるでしょう。

唾液は虫歯や歯周病の原因になる菌を洗い流す作用があります。でするので、その作用を利用して口腔内環境を整えれば良いのです。

これほど大きく歯ブラシをスライドさせると歯と歯の間にブラシが届かないので汚れを落とすことはできないのです。

また、それだけでなく毎日の歯ブラシで歯は序々に削れてしまうのです。冷たい物がしみてきたりするのです。

お口の中が原因の口臭の原因物質は、口腔内に存在する嫌気性菌がタンパク質を分解して腐敗させることによって産生されるのです。

口臭は歯磨きで防げます。硫化水素、メチルメルカプタン、毎食後歯磨きを行うと食事により分泌された唾液を歯磨きにより一緒に洗い流す事となるのです。

悪気があるわけではないのです。しかし、自分の口臭は自分では気が付かないのでとてもやっかいなのです。

そうすると、毛先は歯と歯の間にすべりこみ、歯と歯の間に入っている汚れを落とすことになります。菌が一番増殖するのは口の中が乾燥している時です。

睡眠中が一番繁殖しています。ですから、この2つの歯磨きにより口の中の菌を洗い流します。これで口臭は完璧防御できます。

唾液の作用を利用するならどのように磨くかではなく、いつ磨くかが重要となってくるのです。

「口臭」とは、呼気中(吐く息)に含まれる臭いのことをさします。口臭を予防する方法は歯磨きすることが一番です。

歯ブラシを小刻みに動かすことで、ブラシの弾力性をうまく利用することができるのです。

お口の中の局所的因子歯周病、虫歯、舌苔、歯垢もしくはデンタルプラーク、歯石、口内炎、口呼吸、口腔乾燥症不適合修復物、 清掃不良な義歯、通常口の中を綺麗にするには歯磨きを行います。

しかし、必要以上に歯磨きを行い唾液の働きを弱めてしまってはならないのです。基本的に必要なのは寝る前と起きた時です。

歯磨き情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|予防歯科 |矯正 岡山 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |歯槽膿漏 歯周病 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|歯科 岡山 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |岡山 インプラント |入れ歯 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |インプラント 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン