歯磨き情報館 >> 歯磨き情報 >> 歯磨きの仕方

歯磨きの仕方

歯磨きの仕方

自分で歯磨きの仕方を覚えましょう。自分で守りましょう。生涯、自分の歯で食べるためにしっかりと歯磨きをしましょう。

近年、8020運動という言葉をよく聞きませんか。80 歳になったときに、自分の歯が 20 本は残っているようにしようという意味がある運動なのです。

この運動は高齢者のための運動のような印象を受けますが、実は主人公は若い世代なのです。

「自分の歯で一生食べる」を実現しましょう。虫歯や歯周炎のホームケアとプロフェッショナルケアが適正に行われると、自分の歯で一生食べられることが科学的に証明されています。

「不老不死」は人類の夢という。ならば、「一生自分の歯で食べる」も夢と私は思っています。

現在の日本人は50歳前後から急激に歯を失いはじめ、70歳では多くの方が入れ歯になることが多いようですので、歯磨きの仕方をマスターしよう。

歯は突然抜け落ちるのではなく、長期間、歯を大切にしなかったことが、歯が抜けやすい条件をそろえてしまうことが分かってきました。

実際に歯周病がある人は、19 歳前後ですでに 50パーセントに達しています。

今日の日本の方法では「一生自分の歯で食べる」はかなわぬ夢であります。 

一方、ここ10年来の科学的研究結果を述べていきますが、歯は年をとってもぬけない、何歳になっても自分の歯で食べられることがわかってきました。

歯磨きの仕方はお母さんのおなかの中にいるときからでき始めます。そして、生後6ヶ月ぐらいから乳歯が生え始め2歳ごろに生えそろいます。

糖尿病が高齢者に多い病気なのに、その原因が好ましくない生活習慣にあるため、予防には若いうちからの生活習慣の改善が必要なのに似ています。

自分の歯があればこそ、楽しい食事や楽しい会話ができます。

また、力強く噛むことは脳へ刺激を与え、体全体によい影響を及ぼすのです。

より充実した人生のために、歯が果たす役割は、小さなものではありません。

毎日毎日、「飴にも負けず風邪にも負けず」過酷な労働を強いられているのです。

皆様の周りに70年も使っているものがあるでしょうか。世界で一番優秀な日本車も10年ぐらいが寿命でしょう。

だから、歯磨きの仕方を大切にしてほしいのです。それぞれの年代でおきやすい歯のトラブルと注意したいポイントが数多くあります。

歯磨き情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|歯科 岡山 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |予防歯科 |入れ歯 |矯正 岡山 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |インプラント 岡山 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |岡山 インプラント |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科