歯磨き情報館 >> 歯磨き情報 >> 歯磨き粉の使い方

歯磨き粉の使い方

歯磨き粉の使い方

ここでは、歯磨きをするときに欠かすことの出来ない歯磨き粉の使い方についての問題を幾つか紹介していきたいと思います。

まずはじめに、歯磨き粉をつける目的としては次のようなことが考えられています。

研磨材により汚れを落とすことなのです。力を入れすぎ雑に磨くと歯そのものを傷つけ、削ってしまうことです。

発泡剤により汚れを浮かし取れやすくすることです。泡が立つことによりすぐにゆすぎたくなり、ながく磨けないこと。 清涼感が得られること。スッキリすること。

しかし、 汚れが落ちていなくてもスッキリするので綺麗になったと勘違いしてしまうことや、 薬効により歯肉を引き締めることもあることを覚えておきましょう。

歯磨き粉の使い方を覚え何より何もつけないのが一番です。あえて使うならば目的に合わせて選びようにしましょう。

歯磨き剤を使わないと歯を磨いた気がしないという方は、研磨作用の少ないもの、あわ立ちの少ないもの、できればフッ素などの虫歯予防成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

使用する時もほんの少しを使うようにしましょう。

ヤニや茶渋などの着色を落とすのが目的ならば、歯磨き粉の使い方は研磨材の多いものを選びましょう。

そして、多少は歯も傷つくことを覚悟しなくてはなりません。くれぐれも力の入れすぎに注意ましょう。

清涼感、さっぱりしたいのが目的ならば、研磨材の含まれないアセスなどを使うか、リステリンなどの洗口剤をつかうといいでしょう。

歯のホワイトニングのためによい歯磨き粉を選ぶ条件とはいったいどのようなものでしょうか。歯磨き教室みたいに少し考えてみましょう。

歯磨き粉の使い方には多く知られています。歯ブラシとまったく使わなかった歯ブラシは使用しないようにしましょう。

歯磨き教室で販売されている、また、推奨される歯磨きペーストは研磨剤の粒が微細で防腐剤なし、泡立ちが少ない、刺激が少ないものを選びましょう。

こういう条件を考えると通常のものよりかなり高額なものとなりますが、歯のホワイトニングを考えると必須なものになります。

歯磨き粉を使うと汚れはよく落ちるが歯ブラシがこんなにすり減るくらいなので、歯の表面にも無数の磨き傷がついている。

歯磨き情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |入れ歯 |歯槽膿漏 歯周病 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |インプラント 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|岡山 インプラント |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |予防歯科 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |歯科 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |矯正 岡山